ドコモから楽天モバイルに乗り換えてみたら結構良かった。

楽天モバイルで人気のHUAWEI(ファーウェイ)P10liteを使ってみた!

格安スマホの普及に伴い、SIMフリースマホが大変人気です。
その中でも今一番評価が高いのがHUAWEI(ファーウェイ)P10lite です。

 

※価格.comランキングより

 

私は既に楽天モバイルを使っていて、Xperia compct Jからの機種変更でHUAWEI(ファーウェイ)P10lite を購入しました。
楽天モバイルの公式サイトから購入することで機種変更でも他のサイトより10%安く買えました。(2018年1月時点)
ちなみに今新規で買うとキャンペーン価格でで2万を切ります。
販売端末一覧

 

付属品で、イヤホン、スマホケースも付いています。

 

iphone6みたいな外観でスッキリしていてとても気に入りました。
今までXperia compctを使っていたので画面がとても大きく感じます。
また、使い始めは大きくてちょっと片手操作が難しなと感じましてが、慣れてしまえば画面が大きい方がいいなと感じます。
あと指紋認証も初めてでしたが、実際に使ってみると反応も良く便利です。

それから、楽天モバイルで買うとガイド本(1380円相当)がついてきます。スマホに慣れてない人は、操作説明書がないので助かると思います。
一方で慣れているいる人はそんなに読むことはないと思いますが、タダなので貰っておいた方が良いでしょう。

 

自分でSIMカードをセット⇒アレ?入らないまさかの痛恨のミス!

 

あなたが格安スマホの楽天モバイルにしようか迷っているのであれば、SIMって自分でセットできるのか?なんてちょっと不安に思っているのではないでしょうか?
私は楽天モバイル歴4年で、過去に機種変更を経験しているのであまり心配せずに機種変更をしました。
しかし、この慣れがこの後痛恨のミスを招いたのでした。

 

SIMサイズを間違っていた


 

あなたはSIMサイズが3種るあることをご存知ですか?


ISMには、標準SIM(=miniSIM)、micro SIM(マイクロSIM)、nano SIM(ナノSIM)の3種類があります。
機種指定のサイズと合わないと入らないので注意が必要です。
私はXperia compctを使っていたのでmicro SIM(マイクロSIM)で検索して新たな機種を探していました。すると出てきた(と思った)のがHUAWEI(ファーウェイ)P10liteでした。
人気も口コミも良かったし、SIMがそのまま使えるからいいじゃん、と思って早速購入。

で、届いてSIMを入れ替えようとしたら、、、、、

 

アレ?これサイズ会わないよ?

 

しまった、nanoSIMとまちがえた!!俺バカ、、、、、
ちょっとした自己嫌悪です。
ちゃんと調べたと思ったのに、思い込みでした。
あなたは絶対に間違わないでくださいHUAWEI(ファーウェイ)P10liteはnano SIM(ナノSIM)です。一番小さいやつです。

 

痛恨のミスを犯した私は楽天モバイルのマイページからSIMカードの変更申請を行いました。なんとサイズ変えるだけでも手数料3,000円!そして、SIM発送と同時に現時点で使っていたmicro SIMは使えなくなります。

新しいHUAWEI(ファーウェイ)P10liteはもう手元にあるのに使えず、今あるXperia compctも使えなくなると最悪な状態になってしまいました。ちゃんとSIMのサイズを確認しておけばこのようなことは防げたはずです。

 

nano SIM(ナノSIM)2日後に届きました!

痛恨のミスから2日後、楽天モバイルから待望のnano SIM(ナノSIM)が届きました。
これです。比べてみると大きさが違いすぎますね。コリャはいらないは、、、。

 

SIM挿入にはちょっとした注意点とコツが必要

さてSIMの挿入の時にちょっと戸惑ったことがあります。添付の説明書が簡単すぎてわからなかったののが、どうやって挿入口を開けるのか?です。
同じ人がいるかもしれないので説明します。

HUAWEI(ファーウェイ)P10liteの箱の外側にこんなピンが付いています。
これを挿入口の穴に差し込んで押します。で、この時割とグッと押さないとカチッと出てきません

作業の前に電源が切れているか確認してください!

で出てきたら、nano SIM(ナノSIM)をプレートに置きます。
この時切り口があるので、その切り口とプレートの形に合わるように置きます。
すると、写真の様に裏返しの状態になります。
最初は、コレ裏じゃね?と不安になりますが、これであっています。

 

そして電源ON

あとは、APN設定をするだけです。

 

APN設定は意外と簡単!

楽天モバイルの公式ページに写真入りで丁寧に説明があるのでこれを見ながらやりました。

あとはSIMカードがついていた案内に沿って行えば割と簡単に設定完了です。

特に迷うところもないと思います。

 

HUAWEI(ファーウェイ)P10liteを3ヶ月使ってみた感想

今までエクスペリアを2台続けて使っていたので、正直中華スマホに対して懐疑的でした。
ただ、2年くらいしか使わないスマホに5・6万もかけたくなかったのも事実です。

そこでいろいろと調べて、2万円台で買えて口コミの評価も良かったHUAWEI(ファーウェイ)P10liteに決めました。
結論からすると大変満足しています。

 

私が気に入った点をあげます。

バッテリーが結構持つ!

以前のXperia compctJだと常にスタミナモードにしていて、バッテリーのクリーンアップを頻繁に行っていても1日持ちませんでした。
動画をたいして見る訳でもないのに減っていくのはかなりストレスでした。でもHUAWEI(ファーウェイ)P10liteは動画を見てもそんなに減りが激しくありません。また、通常のメールやLine、ネット検索のみでの使用なら2日は余裕で持ちます。予備のバッテリーを持ち歩くこともなくなり、かなり良かったです。

動作が快適!

安いと動作がカクカクなったりしないか心配でしたが、大丈夫でした。とてもサクサク動きます。
でも、ちょっと急いでカメラを開いたり閉じたりする時に、ちょっと固まることが何回かありました。

デザインが気に入った!

これは個人差がありますが、シンプルなデザインで画面が大きく見やすいです。
以前はエクスペリアコンパクトを使っていたので、初めは画面が大きくなった分片手の操作がちょっと難しかったのですが、慣れれば問題ありません。

指紋認証が使える!

指紋認証は初めてでしたが、読み取りが早くストレスなく使えます。いちいち画面を操作しないで、背面を左手人差し指で触れば良いだけなのでサッと開くことができます。
使ってみて便利なことがわかりました。

 

 

まとめ

2万円台でコレだけ高機能なのは正直驚きです。
初めは中華スマホなんて大丈夫かな?なんて思いましたが、全然大丈夫でした。
そもそもスマホは2年くらいで変えるような消耗品なので、それに5・6万をかけるのもバカらしいです。でもだからと言って、毎日使うもんだから安かろう悪かろうでは困ります。
そう考えるとHUAWEI(ファーウェイ)P10liteのコストパフォーマンスの高さはスゴイです。
本当は日本のメーカーに頑張って欲しいのですが、このコスパには勝てそうにありません。

あなたがもし、HUAWEI(ファーウェイ)P10liteの購入を考えているなら、私は自信をもってお勧めできます。

今楽天モバイルならHUAWEIP10liteが激安で手に入ります。
販売端末一覧

 

 

 

 

こんな記事も読まれています。

楽天モバイルで実際ひと月いくらになったのか?
楽天モバイルのスーパーホーダイはお得か?
こんな人は楽天モバイルを使ってはいけません!

 

 

 

 

 

 

 

page top